骨折の記録③

右足首骨折の記録(21.1.22右足首両果(頚骨・腓骨)脱臼骨折)

c0030112_23385631.jpg

                         (1年前の骨折のときの写真)

2月5日(木)【骨折から15日目・手術から2日目】
明け方、足がなまりのように重たい。誰かが重たい金づちを足の上に乗せちゃった感じ。
足先から麻酔が醒めていき、腰のあたりの感覚が最後に戻る。体を起こして朝食。
痛み止め1日3回服用。夜までに痛みはだんだんやわらぐ。背中のカテーテル抜く。
部屋にリハビリの先生が来る。指の曲げ伸ばし自主トレ300回。車椅子に移る動作を見てくれた。
38度位熱あり。

2月6日(金)【骨折から16日目・手術から3日目】
点滴の管を抜く。以後点滴は一回ずつのトンボ型で行う。
リハビリは松葉杖で病棟一周。
装具屋さんが来て、頼んでおいた装具の型を石膏でとる。ひざまでくる免荷装具。これがあれば、まだ体重をかけられない時期に体重をひざで受け止め、足首に負担がかからず歩けるとのこと。

2月7日(土)【骨折から17日目・手術から4日目】
診察のとき傷口を初めて見た。縫い合わせはホチキスのようなもので止められている。
リハビリ室でリハビリ。指先ほぐし・甲などのマッサージ。足上げ。ひざ立ちでマット台を横へ移動する練習。

2月9日(月)【骨折から19日目・手術から6日目】
松葉杖でリハビリ室へ。股関節の運動。

2月10日(火)【骨折から20日目・手術から7日目】
感染予防の点滴は明日まで。
午後、セルフで洗髪(外の共用洗面台に車椅子で行って)。
リハビリはマット台に右足ひざ立ちで、元気な左足を前に踏み出す練習(ももを伸ばす効果、歩いたときのため)

2月11日(水)【骨折から21日目・手術から8日目】
リハビリは背中を壁につけてひざを伸ばしたまま足上げ(股関節の運動)。
これをずっと毎日繰り返したため、けがした右足のほうが、元気な左足より、股関節が柔らかくなり、座って足が高く上がるようになった(右足のみ)。
[PR]