桑田佳祐LIVE TOUR 2012 松山旅日記②

桑田佳祐LIVE TOUR 2012 松山旅日記②

2012.10.25(木)

松山駅到着後、今日の宿の全日空ホテルに荷物を置いて、ごはんも食べて、ライブまでまだ時間があるので松山城見物にでかけます。
ホテル前の「大街道」駅(路面電車)から斜めの道を進んでいくと、お城へのロープウェイ乗り場。
行きはリフト、帰りはロープウェイにしました。

c0030112_23492167.jpg

少し道を登り、お城が見えてきました。

c0030112_23495854.jpg

天守に近づくと、広いこのお庭が目に入り、印象的です。
低い木はさくら。春に来てお花見がしたい。

c0030112_2351217.jpg

お城の前に、マスコットキャラクター「よしあきくん」。(着ぐるみではないです)
1603年築城時の初代城主、加藤嘉明を表しています。

c0030112_23514418.jpg

いいお城です。
天守閣は4層ほどあったが、お城特有の急勾配の階段と、残り時間を気にして、2層まで行ったら満足しておりてきてしまいました。ライブ前に転んだら大変だからということで。

c0030112_2352232.jpg

c0030112_23521918.jpg

松山市内を見下ろす。ホテルの横の三越が見えました。

c0030112_2358553.jpg

ロープウェイ乗り場の建物に、ポンジュースの蛇口のオブジェが。さすが愛媛県。

c0030112_23595117.jpg

ローブウェイ街のお土産物屋さんに、「パリイさん」ののぼりが。ぬいぐるみストラップやメモ帳などグッズが豊富。

c0030112_014077.jpg

9月の宮城のライブで買った、赤いライブTシャツを着てくるのを忘れたことに気づき、一度ホテルに戻って着こんでから、路面電車で駅へ向かう。

c0030112_033368.jpg

松山駅頭で、桑田さんコンサートの臨時切符売り場ができていて、往復の切符を購入。
予讃線 松山→市坪 4分 1駅。
この電車内はライブに向かう人が多く乗っていました。所要は4分でも、1時間に1本位しかない。
ペットボトルを買ってきてごそごそしていたら、お金を床に落としてしまい、向かいに座っていた、ライブへ行く女性2人連れの方に拾っていただいた。

c0030112_044656.jpg

市坪駅を1歩出ると、目の前が坊ちゃんスタジアムの敷地内。
ライブ会場が駅から至近なのって、便利で楽で安心だなあ。

c0030112_072358.jpg

スタジアムは、野球(野・ボール)発祥の地・松山ならではのスタジアムで、大きい野外の施設。

今回のライブは、敷地内の別の建物、「愛媛県武道館」。
お城みたいな石垣があって、木を多く使った立派なたてものですが、小ぶりです。
入場時並んでいるとき、係りの方に聞くと、人数は5000人弱とのこと。
集まっている人の数も、他の会場に比べてなんか少ない感じ。
c0030112_05515.jpg

c0030112_07462.jpg


ひるぜんやきそばなどの屋台が2軒ほど出ていました。また、宮城と同じ紅白の提灯が飾られていてうれしくなりました。

入口で座席番号が明らかになると、なんと前から4列目。小さな会場で一番後ろでも十分近い会場ですが、前から4列はさすがに近い。等身大の桑田さん、サポートメンバーさんたち(特にバイオリンの金原千恵子さん!)を目の前でみることができました。近いので演出の炎がぼっと出ると、熱気で暑かったです。

c0030112_0173319.jpg

きょうは入場前に、ドコモのクワタダケ ストラップ(先着1000名に無料配布)をゲットすることができました。
ライブで、降ってきた、金色のテープ、紙ふぶきもゲット。途中、冬の歌では、雪も舞いました。(手のひらに乗ると泡状のもので消えていきました)

9月のライブのときは、まだ夏真っ盛りで帰りも汗ばむほどでした。そのとき、夏の歌にまじって冬の歌があるのがなんとなく不思議でしたが、10月末の松山では、帰りは肌寒くコートを着込んでいて、冬の歌がしっくりくるようになっていました。

父は3時間たったままのライブは疲れてしまい、途中座って鑑賞してもらいました。
ライブ後、松山に戻り、大街道近くの繁華街の居酒屋で、鯛めしとじゃこてん、ビールで疲れを癒しました。
c0030112_114526.jpg

[PR]