c0030112_03049100.jpg

1年間見てきた「ハングル講座」(NHK教育)は29日今年度最終回だった。小倉紀蔵先生、山本梓さんやパクトンハさんたちメンバーは4月からかわる。なんか淋しい。でも新しい春はもう目の前に来ている。時は回りめぐりゆく
[PR]
c0030112_1244516.jpg

我が家のジブリ一族です。トトロ、ジジ、おおとりさま。 1人大阪のユニバーサルスタジオ出身者が紛れてますね~。
[PR]
c0030112_11206.jpg

日曜の夜、家にやってきました仲間のご紹介。ありがとう~☆ トットロは首がうしろに開いて中に小物が入ります。 いまパソコンがこわれてるので携帯からおくりました。
[PR]
週末にお墓まいりに行った。お彼岸だからね。c0030112_05276.jpg武蔵五日市駅。



c0030112_06307.jpg
駅前広場から見える山々には花粉をもった杉の木がいっぱい。
毎年憂鬱な時期だけど昨年はなんともなかった。今年は厳重注意と言われてたので、外出時には超立体マスク(耳にやさしくてイイけど、においがやだ)と変なサングラスをしている(とても知人に会いたくない格好)。内科で薬(少し眠くなる)と眼科で目薬をもらってきて使っている。いまのところ、くしゃみと目にごみがよく入り違和感がある程度。本格化しないでお願い~!


c0030112_0132460.jpgお墓まいりのときは、いつも立ち寄る「恵比寿屋」さんで酒饅頭を買うのがうちの家族の恒例行事。武蔵五日市駅から東京方面に向かって車で1~2分のところ。


c0030112_0152317.jpgいつだって酒まんじゅうはおいしいのだ。
[PR]
by polaris-s | 2005-03-22 00:16 | 一般
サザンの曲に歌われる湘南を走るのりもの、江ノ電。大好き。
サザンをBGMにたまに乗りにいくけど、最近行ってないので、江ノ電グッズをみてがまんしよう。
c0030112_23362314.jpg江ノ電の駅のショップにて。鎌倉駅とか江ノ島駅にもあったかな。
「えのでん」と書いてあるのはおりたたみの小銭入れ。シャーペン(ノックする頭にえのでん)。ぷるぷるえのでん(ひもをひくとぷるぷる走り出す)。



c0030112_23455835.jpg江ノ電オルゴール。これはTVで紹介されてすぐ販売元のホームページで購入。次の日はもう品切れになっていました。

ドームの中に江ノ島が入っている。「江ノ島」の駅名標(左右にかまくら、ふじさわと書いてある)。ヨット、鳥居、エスカ、タワー、サーフボード、男女、やしの木。
そんな江ノ島の周りを2両編成の江ノ電が夢をのせて走る。外周には江ノ電の駅名がぐるり。オルゴールの曲はサザンの「TSUNAMI」。

まえに、江ノ電各駅停車のひとりたびをした。サザンの曲の歌詞が記念プレートになって江ノ電の6駅に設置されていたのを全部見に行ったときのこと(ひまだなあ)。いまはもうないけど。そのとき藤沢駅の発車チャイムは「鎌倉物語」だったよ、たしか。
[PR]
c0030112_0432044.jpgわたしは韓国で数年前から登場しているキャラクター、猟奇的なうさぎのマシマロです。これは韓服を着てるバージョン。今はかばんにくっついて行動しています。今日はビビンバをみてね。


c0030112_0493070.jpg
東急でちょいと前にやっていた「駅弁・うまいもの大会」に来ていた「石焼亭ビビンバ」。かまめし風の容器と丸いスプーンがついて¥1,000でした。どこのうまいものか忘れちゃった。写真を見ると埼玉県川口市て読めるかな。どうかな。不確かでごめんね。


c0030112_0545516.jpg
「カルビ・ビビンバ」。

たれを入れてまぜまぜ・・・

ビビンバは「비 빔 밥 」    비비다 まぜる。  비빔 まぜたもの。
        ピ ビンパブ    ピビダ        ピビン
       まぜ ごはん  なんですね~



c0030112_0562169.jpg
こんなかんじ。この写真では伝わらないかもしれないけど、実物はおいしかったよーん。この入れもの直火でOK、ごま油を塗って、ごはんに焼肉のたれをまぜて具をのせて作ってねってお店の人言ってた。今度作ってみよう。ところでこのスプーン、形が丸くで好きだなぁ。

 スプーン(さじ)숟가락 スッカラク
 箸        젓가락 チョッカラク
 フォーク     포크   ポク
[PR]
by polaris-s | 2005-03-16 01:08 | 韓国の味
きょうはと~ても疲れてハイテンションのため更新しちゃいます。
サザングッズより時計をご紹介~。

c0030112_0584297.jpg
その名も「そうねだいたいね時計」。

2003年にサザンの25周年を記念して開催された「真夏の秘宝館!inお台場」で購入。白地と青地があり、入口で白を予約して購入。1日何個という限定版だった。文字盤には数字はなく、SOUTHERN ALLSTARS SINCE1978」の文字と☆マーク。

そして

何より


c0030112_151866.jpg時計の針が短針しかありません。
ちょっと見にくいですが、写真では水色の短針が2時あたりを指しているだけです。

「いま何時?」
「そうね、だいたい2時から3時。」
というだいたいの時間がわかる時計です。
[PR]
コカ・コーラ風のパッケージだったサザンのライブビデオがあります。
c0030112_0553513.jpg
「シークレットライブ ’99 SAS事件簿 in歌舞伎町」というタイトル。
サザンのファンクラブ応援団員2000名限定のライブ。
(新宿リキッドルーム99.9.26、27)わたしは行ってません。



c0030112_13766.jpg
ビデオの箱の裏面には各国語で「サザンオールスターズ」と書いてある(らしい)。上から4番目は韓国語ですねん。
「사 잔    올  스 타 스」
サ ザン  オル  ス タ ズ



c0030112_163924.jpg
なかみのビデオ本体はこんなかんじ。1曲目は「私の世紀末カルテ」。ほかに「女呼んでブギ」「朝方ムーンライト」「YaYa(あの時代を忘れない)」「私はピアノ」「チャコの海岸物語」「栞のテーマ」「勝手にシンドバッド」「Oh!クラウディア」などなど全26曲。書いているうちに見たく(聴きたく)なってきたよう。。



c0030112_111449.jpg
曲名が書いてあったラベルは二重になっていた!めくると、こんな写真が・・・。



上までめくると・・・・・・。






c0030112_1283854.jpg

こんなオチじゃなくても・・・。
く、くわたさん・・・


サザンらしいというか。
[PR]
今日はコカ・コーラの瓶です。前後の脈絡がないけど許してください。
c0030112_22325169.jpg

復刻でピン入りのコーラがよく出ますね。大量に売られているので持っている人も多いでしょう。ボトルは「コンツアーボトル」というそうで、1916年に生まれました。

これは左が2002 FIFA WORLD CUP KOREA JAPANのロゴ入り。それから黄色のサッカーボールの中にCoca Colaとあります。オフィシャルパートナーとして出したんですね。キャップは金色。

真ん中は「No Reason ココロが求めてる。」のもの。2001年に桑田さんがコカ・コーラのCMに出演してました。CM曲は「波乗りジョニー」。春頃からCMが流れ始めたとき、桑田さんは皮ジャン着て、ビルの屋上でギター引きながらサビの部分「だから好きだと言って~天使になって~♪」と歌ってました。このときはこのサビの部分しか曲ができてなかったらしいです。

そのとなりは真ん中のと同じものでその裏側(というこちらが表?)。おなじみのコカ・コーラのロゴ。横には小さな文字で「このボトルには預かり保証金はありません。」復刻ビンはキャップも栓ではなくてスクリューキャップですね。

右端の箱はコカ・コーラ復刻ボトルに「海洋堂制作オールディーズ・フィギア」付き(全11種類)だったときのもの。「シックスパックボトル」(6本のミニボトルが赤いケースに入っている)がほしかったけど、出てきたのはデリバリートラックトイでした。キャップつき。

c0030112_2315427.jpg
おまけのデリバリートラック+キャップはこれ。
それから桑田さんの顔入りNo Reasonボトル。CMに使われたショットです。これはすてられましぇん。

c0030112_2384597.jpg
容器つながりでこれもついでに。2003夏のサザンのライブツアーで会場で売られていたミネラルウオーターのペットボトルです。25TH ANNIVERSARY(サザンの25周年記念)の文字入り。神戸会場で買ったのかな。たしか。水なのに¥500だったけど買ってしまうファンコ゜コロ。
[PR]
c0030112_2220013.jpgぼくは、バロンという名前の犬です。よろしく。このブログの持ち主が小学生の頃、日曜夜7時30分からフジテレビで放送されていた「世界名作劇場」というアニメ番組に出演していました。提供はカルピス(のちにハウス食品)だったよね。たしか。



c0030112_22241129.jpgぼくの仲間たち。数年前、お菓子のおまけ(というか、お菓子がおまけ)として売られていました。ほんとは、ぼくのご主人様、「ペリーヌのお母さんとロバの荷馬車」もあったんだけど、ブログの持ち主が落としてこわしてしまったんだ。もぅ。



c0030112_22233923.jpgぼくは「ペリーヌ物語」に出演していました。








「フランダースの犬」とかに比べるとマイナーかもしれないけど、これはけなげな13歳の少女が旅の途中で父も母も亡くして、訪ねていった初めて会うおじいさんの大工場で、名乗らず、けなげに働く物語なんだ。やがて、気の利くペリーヌはおじいさんに認められ、岩のように固いおじいさんの心も溶かし・・・てな話さ。

いまね、世界名作劇場の小説本が出たんだ。ブログ主はぼくのこの本と「母をたずねて三千里」も買ってきて、それぞれ一晩ずつ泣きながら読んでいたよ。目がはれて花粉症の時期にやばいでしょ。主題歌のCDもついてて、流しながら読むとまた感動的なんだ。ほかにも「あらいぐまラスカル」「赤毛のアン」「トム・ソーヤーの冒険」などなど続々文庫で竹書房から出ているよ。名作劇場好きの人にはたまらないよ。
[PR]
by polaris-s | 2005-03-08 22:31 | 一般