8/27に浜名湖の夢人島フェスに行った話のつづきです。

メインステージが始まる15時まで、ガーデンパーク内を見て歩く。

せっかく来たのでなるべくいろいろ見てまわりたい。暑いけど。

奥のほう(里のエリア)に「記念撮影コーナー」があるので行ってみた。
c0030112_132374.jpg

フェスに出演するアーティストたちのおっきなパネル(等身大以上)があって、その前で写真撮影できるというもの。サザンのライブでもよく置いてある。

写真をとるだけでなく、パネルと同じようなアロハとか、レイ、帽子などを身につけて撮影できるということだった。
c0030112_1723100.jpg

福山パネルは1時間待ち。ほかのパネルも長い行列ができている。

あきらめて、となりの「モネの庭」を散歩。こちらはあまり人が歩いてなく、気分いい。
c0030112_191584.jpg

夏の草花がきれいだった。
c0030112_1113926.jpg


ほかに会場には、スタンプコーナーがあって、3つあるエリアごとに柄が違う。でも1か所で全部押せるよう、3つおいてある。会場で売っているパンフレットに押す場所があった。

さっそく押そうと思ったがこちらも行列している。

押すだけなのになぜ??と思いつつ、並んでいると、ひとりで何冊もかかえて、スタンプもぐりぐりと念入りに押している人たちがいた。
そんなに強く押さなくてもだいじょぶだよ。。。って思いながらみてました。
[PR]
サザンの夢人島フェスの話のつづきを書きたいと思っていますが、
先週は残業つづき+韓国の知人と夜な夜なメールのやりとりがあったので
プログ更新する余裕がありませんでした。ハングルで意思を伝えるのに電子辞書を駆使しつつ、たぶんかなり間違って書いてたと思いますが、結果、自分としてはとても読み書きの勉強になってました。人は追い詰められると学ぶことが多いです。ふだんはぐうたらなのでなおさら。。

サザン話をちょっと中断して、家でつくったチヂミの紹介。「モランボン・韓の食菜 チヂミ」
c0030112_2303079.jpg

用意するもの
 チヂミの粉1袋(モランボンのを利用)、卵1個、水100cc、具材(なんでもいいが、今回はハム、にんじん、ねぎ、たまねぎにしてみた)。キムチをいれてもよい。にらだけでもいける。
 セットに粉が2袋入っているので、まず1袋使用。
作り方は簡単。
材料をよく混ぜる。
c0030112_238169.jpg

フライパンに1/3量くらいを流しいれる。具が平らになるように。量はフライパンの大きさで調節。
ごま油を使う。
中火で3分ほど焼いて、ひっくり返す。
c0030112_2385493.jpg

もうおこのみやきと同じ要領で。。
テフロン加工のフライパンだったので、こげついていない。
裏を1分位焼いて、様子を見て、やけているようならできあがり。
作り方を説明するほどではなかった。。袋に書いてあるとおりに作ればOK。
c0030112_23121734.jpg

セットに入っているしょうゆたれで。
「外はパリッ! 中はモチモチ! 」な味です。簡単でおいしい。
そしてビールがうまい。
[PR]
by polaris-s | 2006-09-10 23:21 | 韓国の味
c0030112_1485750.jpg

夢人島フェスの暑い会場内には、送風機、冷風機や、ミスト状のものを吹き出す機械が設置されていた。

c0030112_151680.jpg

アーティストグッズ売り場。サザンや福山、ポルノグラフィティのグッズ(Tシャツなど)を売っていた。福山雅治のグッズには水色のハンカチタオルがあった。
ステージで福山雅治はこのタオルで顔をふいて「アミューズのハンカチ王子です」と言っていた。

c0030112_1522054.jpg

足の長いピエロさんやパルーンアーティスト、それからこんな人もいた。近づいてきて、
かわいい声でしゃべっている。「こんにちは!ようこそ!」

屋台もたくさん出て、お昼にキムチチャーハンとソフトクリームを食べながら、お祭りのような一日をワクワクしながら開演まで過ごした。
[PR]