<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0030112_20274030.jpg

慶州の市内中心部の遺跡群。
「大陵苑」(テヌンウォン) 新羅王朝の23の古墳が集まる古墳公園。

c0030112_2021311.jpg

気持ちがのんびりする公園だなぁ。みどりがきれい。
↑つれてったおおとりさま

c0030112_2030161.jpg

公園の中には松林や池などが点在する。それほど広くないので、散歩気分で歩けてしまう。

c0030112_2032262.jpg


天馬塚(チョンマチョン)は内部を見学できる。金冠や天馬の絵が描かれた鞍掛が発見され、中で展示されている。金冠の飾りは画びょうみたいな丸い飾りがいっぱい下がっている。

公園の周辺には、「瞻星台」(チョムソンデ)=7世紀前半の天文台、「雁鴨池」(アナプジ)=新羅王朝の離宮の人工池、「国立慶州博物館」(クンニプ キョンジュ パンムルガン)などがあるが、時間切れで周らなかった。

バスターミナルに向かう途中、立ち寄ったのは、皇南パン(ファンナムパン)の店。
c0030112_20452381.jpg

c0030112_2044554.jpg


帰りは高速バスの時間があわなかったので市外バスで。
時間は鉄道とそれほど変わらない。1時間くらいで釜山の端のパスターミナルに着き、そこからバスで釜山の中心地、西面(ソミョン)へ出た。
[PR]
by polaris-s | 2008-10-19 20:29 | 韓国の旅
セマウル号で慶州(キョンジュ)へやってきた。

タクシーで山の上の仏国寺、石窟庵をまわって、市内中心部の遺跡を見ることになった。
のったとたん、にわか雨、というかシャワーのような雨。バス乗り継ぎにしなくてよかったと思いながら雨の慶州の景色を眺める。
道路を走るどの車も水しぶきを両側に跳ね上げながら、進んでいく。

韓国は左ハンドル、右の助手席にすわってシートベルトをしてみた。右からたすきがけは慣れてない。ふと運転手さんを見ると、ベルトしてない。

雨は台風だからですかね、みたいなことを片言の韓国語で
話しかけてみるが、通じてないのかあまり反応がなく、さみしい。でも時折、あれがなんとかだと
建物の名前を教えてくれる。途中、五重塔の形にくり抜かれたビルがあった。

ちなみに運転手さんは韓国語で「キサニム」。

くねくね山の上に上っていって、石窟庵(ソックラム)の入口についた。タクシーを降りると雨はやんでいた。そこから歩いて20分位。
水蒸気がけむっているのか景色が幻想的になっている。

c0030112_21442999.jpg


石づくりの中に大きな石仏がガラス越しに見える。↑この建物の中。世界遺産だ。
祈祷のための寄付をうけつけていた。100日祈祷や49日祈祷などがあった。祈る内容は受験合格とか。

c0030112_21475257.jpg


山門に戻り、タクシーで山を下りて、仏国寺(プルグクサ)へ。
雰囲気は日本のお寺と似てる。新羅時代の751年創建。1593年の文禄の役でほとんどの木造の建物が焼失してしまったが、その後何度も再建されてきた。

c0030112_2149456.jpg

庭に池がある。この橋は解脱橋といったかな。

c0030112_21502073.jpg

門のところに置かれている四天王の像。
楽器を持っていたり、剣を持っていたり。向かいにあるあと2像は何を持っていたかな。

c0030112_21544219.jpg

紫霞門。よくガイドブックに載っている角度はこれ↓

c0030112_21573251.jpg

この手前は安養門。仏の国へあがる階段がある。

境内はわりと広い。
c0030112_224523.jpg

屋根の上にリスがいた♪

c0030112_2274997.jpg

ほほう、これが国宝の多宝塔ですか。10ウオン貨幣の図柄の塔ですな。

大雄殿前に釈迦塔と2対になっている。釈迦塔の中からは世界最古の木版印刷物のお経が発見されたそうだ。

c0030112_2216888.jpg

回廊の天井。

c0030112_22201094.jpg

金の猪。幸福をもたらす象徴。後ろから猪を抱えるようにしていのししに連れて行ってもらうような感じで写真を撮るといいとおしえてもらった。このあと実行。

日本のお寺を見学しているのと変わらない。

仏国寺は中にいたボランティアのおじさんが、日本語で説明しながら案内してくれた。
後で土産物屋さんに案内するのでよかったら買ってくれればとの条件で。
でもこのおじさんはお寺の説明が親切で丁寧だった。
[PR]
by polaris-s | 2008-10-13 22:12 | 韓国の旅
のほほんとしていたら、10月にはいってしまった。
はやく釜山の旅のつづきを書こう。

c0030112_22185389.jpg

海雲台(ヘウンデ)駅の改札を入って線路を渡ってホームへ。

c0030112_22202367.jpg

行き先と号車の案内。

(右)東海中央線(蔚山(ウルサン)・慶州(キョンジュ)経由)
   清涼里(チョンニャンニ)・江陵(カンヌン)・ソウル方面  
   現位置 ムグンファ号 号車位置
    ↓

(左)京釜線(釜田(プジョン)・亀浦(グポ)経由)
   東大邱(トンテグ)・大田(テジョン)・ソウル方面  釜山方面
   セマウル・ムク゜ンファ号 号車位置  現位置
                            ↓

ちなみに東海(トンヘ)は、地名にもあるが、日本海のことを韓国では東海と言う。

c0030112_22222159.jpg

停車していたソウル行きのムグンファ号 ソウル←ヘウンデ 
釜山⇔ソウル間の所要時間は
 KTX(高速鉄道)で2時間30分、セマウル号(特急)で4時間30分、
 ムグンファ号(急行)で5時間45分 程度。
 京釜線。

これには乗らず、反対方向の慶州へ行くムグンファ号に乗る。

c0030112_22244943.jpg

車内。日本と似てる。天井に強力な冷房がついていた。

c0030112_22254753.jpg

小雨そぼ降る、慶州(キョンジュ)駅に到着。1時間45分。
[PR]
by polaris-s | 2008-10-05 22:38 | 韓国の旅