<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

関東地方の梅雨は明けたのに、舞い戻ってきたらしい。
先週はずっと曇り、しとしと雨で22日の日食は見られなかった。
天気図には関東地方の上に梅雨前線が乗っかっている。???
c0030112_12545817.jpg


そんな戻り梅雨のナカヤスミなのか、今日は朝から晴れて暑い。夏空だ。
夏の日の飲み物といえば、子どもの頃はカルピス。
おとなはビール。と勝手に思う。

先日、外食していたら、おとなりのテーブルでノンアルコールビールを注文している人がいた。
ご夫婦のようで、ご主人が運転してきたらしい。
見た目にビールそっくり。 おかわりして2本目のビンが運ばれてきた。

とても興味を持った。おかわりするほど、美味しいのか?
いまどきのノンアルコールビールは、もしかしてビールに似た味を実現したのか??

そこで1本だけ缶で買ってきて家で試飲。
アルコール0.00%

c0030112_1234545.jpg


・・・・・・これは、ないと思います。(個人の感想です)

これを飲んで我慢するなら、何も飲まないで、家に帰ってビールを飲むか、
ウーロン茶かジュースを頼むだろうな、と、ビール好きの私はおもいました。
もちろん、この味が合う人には、願ってもない飲み物なのだろう。

(^◇^)
[PR]
by polaris-s | 2009-07-26 12:34 | 一般
きょう7月20日は海の日。家でのんびり。
曇りで、窓を開けておくと涼しい風が入ってきて気持ちいい。
土ほこりも入ってきてるけど。。

c0030112_12211267.jpg



*****************
1月24日、ベッドが空いたので入院。

長い入院は初めて。
足首骨折者の整形外科入院中のある一日はこんな感じでした。

午前6:00 起床。
 看護師さんがカーテンをあけに来てくれる。
 歯磨き、洗顔。歩けないうちはベッドの上のテーブルで口ゆすぎ、タオルで顔拭き。
 手術して少したったら、車椅子または松葉杖で洗面台へ行った。
 検温。

 しばらくして看護師さんがまわってきて、検温結果を見せて、血圧測定。
 
午前7:15 
 朝ごはんまで時間があるので、NHKラジオのハングル講座を聴くことに。
 いままでちゃんと続けたことないので。
 手元にテキストがないので、耳だけ。ベッド上で、発音をリピートしたりしていて
 看護師さんが入ってくると恥ずかしい。

 血液検査があるときは、終わるまでごはんお預け。
 
午前7:50 朝食
 朝食は8:00だが、大体少しはやめに届く。
 事前に献立表が配られているので、給食を待つ小学生の気分。
 朝はパン食かごはんかを選べる。毎日、牛乳。
 
 朝食後、回収にきてくれる。
 歯磨き。
 看護師さんがベッドの上をコロコロでおそうじ。

午前9~10時 回診
 先生の回診がある日は大体この時間。
 傷口の手当、包帯の巻きなおしなど。
 きょうはここが痛いんですが、大丈夫でしょうか?など質問タイム。

 このあと随時、
 部屋のおそうじ、ベッド周りのふきそうじ、ごみ回収などで係の方が来てくれる。
 看護師さんの見回り。
 手術のあとは、化膿防止の点滴開始。
体をふく熱々のタオルを2~3本持ってきてくれる。

正午 昼食
 お昼はうどんなど麺食のこともある。
入院後半で出た カレーライスの日は久しぶりでうれしかった。
 食後、歯磨き

午後2:00 リハビリ
 リハビリの先生が迎えに来てくれ、松葉杖でリハビリ室へ向かう。
 時間はその日によって午前になったり、前後する。
 リハビリ室では、いろいろな時期の患者さんが1対1でリハビリをしている。
 手術前からも、足首以外の動かしていいところは動かしておかないと、すぐ筋力が落ちるそうだ。

 洗髪。冬なので週1でもなんとかなる。
 洗髪台まで車椅子で行き、ケープを巻いて前かがみになって洗髪。
 2回目以降は、セルフで。シャンプーは自前。ドライヤーは貸してもらう。

 部屋で自主トレ。足指の曲げ伸ばし、股関節の運動など。

午後6:00 夕食
 2月3日の夜は、節分メニューだった。のり巻き、稲荷寿司、節分の豆。
 ふだん質素な健康的なメニューなので、イベント食というだけでなんかうれしい。

 食後、歯磨き。洗顔。
 テレビを見ていると、8時頃には眠くなってくる。

午後9時 消灯
 とても規則ただしい一日だった。

夜中
 看護師さんが見回り。
 足に乗せている水枕も夜中に替えてくれていた。






 

 
 
 
[PR]
7月14日に梅雨が明けた!暑い!


1月23日
足首を骨折した翌日、あらためて整形外科を受診する。
きのうは夜間外来の救急処置だったため。
レントゲンを見た先生は即座に「これは手術ですね」。

c0030112_125638.jpg


手術は、
頚骨(太い骨)の骨折は、スクリュー2本でとめる。
(五寸釘のような長いボルトのようなもののことをスクリューと言っていた)

腓骨(細い骨)の骨折は、5cm位の横長のプレートに短いボルト5本でとめる。

なんだか工事現場の話のようだ。

ちなみにかかとのひびはそのまま(固定するので)。

手術は大体1時間位。下半身麻酔(両足)。など詳しく説明を聞いた。

すぐ手術かと思ったが、すでに1週間は予定で一杯で、来週となった。
そんなに手術する人多いのね。

家に帰ってもあまり動けず、一日椅子にすわってすごす。
足をおろしておくとずきずきするので、台にのせて高くしておく。
2階の部屋には登れないので、家族と部屋を交換して1階に寝る。
歩けないと、できる範囲が限られてしまい、なんとも情けないことになった。
[PR]
梅雨は明けてないけど、もう夏だ。暑いもん。

1月22日に右足首を骨折し、続けてきたリハビリ通院が7月3日で終了した。
2月4日の手術から150日。

松葉杖をついている頃は、エスカレーターになんて怖くて乗れなかったが
今では歩き方は普通と変わらない位に回復した。

時間の経過とともにできることが増えていって、骨折後の経過はわかりやすい。

c0030112_14305575.jpg



*********

1月22日 残業帰りに家の近くのコンビニ内で転んで骨折。

 (・・・しかし転んで骨折って、80代のおばあちゃんか。)

 自分のまったくの不注意。

 私はおっちょこちょいで運動神経も鈍く、よく平坦な道でつまづいて転ぶ。
 傷はせいぜい打撲か擦り傷、切り傷。

 今回も、「またやっちゃった」「恥ずかしいな」程度の被害だと思ったが、
 いつもと違っていたのは、前のめりに転んで右足が宙に浮いた瞬間、
 なにか足首のあたりで「ずれた」感触がしたこと。

 店員さんは親切で、大丈夫かと近寄ってきて起こそうとしてくれた。
 いやあ大丈夫です・・・と立とうとしてるが
 右足がずれて立てない。
 足をつくと痛みが走る。よくわからない。

 こんな風に突然、何の前触れもなく、特殊なこともしてないけれど、骨折してしまうんですね。
 (・・・私だけか?)

 このときは脱臼かな? だったら病院で元に戻してもらえばすぐ治るな
 と安易に考えていました。
 明日からしばらく仕事を休むことになるなんて考えてもない。

 片足では歩けない。病院までタクシーで行き、夜間外来で診てもらう。
 レントゲン後、当直の外科の先生、「折れてます。2本とも」。

 2本?
 右足の太い骨(脛骨・けいこつ。内側の骨)と細い骨(腓骨・ひこつ・外側の骨)が足首のところで、すっぱり折れていた。かかとの骨もひびが入っているらしい。

 シーネを巻いてくれ、松葉杖のにわか講習を受け、この日は帰宅。は~。
 明日整形外科で診療方針を聞くことになった。
 夜中に足が熱く痛み出した。
 どうしよう~。おおごとになっちまった。みんなに迷惑かけてしまう。。。

 
c0030112_14334952.jpg

 こまったものよの~
 
 
[PR]